費用について

法定後見の申立書類作成について

■申立書類作成費用

・司法書士報酬 70,000円(税別)

■必要経費

・収入印紙代 ①+②

①後見等の登記手数料           2,600円分

②後見または補佐開始             800円分

後見または補助開始+同意権付与     1,600円分

後見または補助開始+代理権付与     1,600円分

後見または補助開始+代理権・代理権付与 2,400円分

・裁判所に対する予納郵券(福岡家庭裁判所の場合)

後見の場合 3,380円分

補佐の場合 4,420円分

補助の場合 4,420円分

■鑑定費用

・上限100,000円

※鑑定を実施する場合のみ必要となります。

※上記の上限額は福岡家庭裁判所の場合です。

■その他の実費

・戸籍謄本の取得

・住民票の取得(ご本人様・後見人等候補者様分)

・後見等が登記されていないことの証明書の取得

・郵便代など

任意後見の契約書類作成について

■任意後見契約書作成費用

・司法書士報酬 70,000円(税別)

※任意後見が発効されるまでの見守り契約を含みます。

後見等が開始されたのちに発生する費用について

■法定後見について

・後見等の業務における報酬
・必要経費および実費(郵便代・交通費等)

成年後見人および保佐人・補助人としての業務における報酬については、家庭裁判所が所得やその他の事情を考慮したうえで決定しますので、事案によって異なります。詳細がお知りになりたい方はご相談ください。

■任意後見契約について

任意後見契約を結んだ場合、実際に判断力が衰えて任意後見が発効されるまでの間は、見守り契約にて支援いたします。見守り契約における定期訪問でご自宅へお伺いする際には、実費(交通費等)のみ精算させていただきます。
将来的に任意後見が発効された場合には、任意後見契約書の内容に従って、毎月の報酬が発生します。報酬は事案によって異なりますので、詳しくはお尋ねください。

■報告書や財産目録等の作成支援について(ご親族が後見人等となっている場合)

ご親族等が後見人(または保佐人・補助人)となっている場合には、裁判所へ提出する報告書や財産目録等の作成を支援いたします。

 ・後見事務報告書および財産目録の作成 20,000円(税別)



書類作成業務に関する報酬基準について

訴訟手続
訴状、答弁書、準備書面、陳述書等
●訴額が金50万円未満
・初回報酬/25,000円
・追加報酬/書類作成1回につき15,000円

追加報酬上限/45,000円

訴額が少額の場合はご相談下さい。
●訴額が金50万円以上300万円未満の場合
・初回報酬/訴額の7%
・追加報酬/書類作成1回につき訴額の3%
・追加報酬上限/訴額の9%
●訴額が金300万円以上の場合
・初回報酬/訴額の5%
・追加報酬/書類作成1回につき訴額の2%
・ 追加報酬上限/訴額の6%
調停手続
申立及び関連書類
●訴訟手続に準じます。

●ただし、訴額の算定が困難なものは以下のとおりとします。
・初回報酬/50,000円
・追加報酬/書類作成1回につき30,000円
・追加報酬上限/60,000円
民事執行手続
申立書及び関連書類
●不動産執行について/70,000円
●動産執行について/50,000円
●債権執行について/50,000円
成年後見等申立
申立書及び関連書類
申立にあたり/70,000円
自己破産手続 ●個人の方について
申立にあたり/200,000円

●事業者の方について
申立にあたり/300,000円
借金の整理に関する手続報酬は、分割によるお支払いをお受けいたします。
個人民事再生(小規模・給与) ●住宅ローン特則付について
350,000円
●それ以外
300,000円
借金の整理に関する手続報酬は、分割によるお支払いをお受けいたします。

 


PAGE TOP ↑